img

仔犬選び…

いろんな勉強をして、知識もついてきたら、いよいよ子犬を迎えることにしましょう。

一般的には、毛艶がよく、目の澄んでいるもの。
肛門の汚れていないもの、四肢がしっかりしているもの、落ち着いているもの…などといわれていますが、これは当たり前のことなの
で、あまり深くは触れません。

個人的には、生後45日〜60日程度は、母親の元で育った子犬を迎える事がよいと思っています。
母親の初乳を飲んでいることだけでも、病気に対する免疫力はまったく違います。さらに、両親とも、きちんと管理され予防接種など
きちんと管理されている仔犬を選ぶべきだと思います。
母犬の管理が、ずさんだと子犬は生まれてすぐに発病している場合もあります。このあたりも十分に考慮したほうがよいでしょう。

さらに付け加えるべき内容は、遺伝性疾患について、ブリーディング元にどれだけの知識があるかも重要なポイントになります。

ショップで購入される場合、このあたりってすごく不明確になります。納得の行くまで、お店の方に質問をされることもよいことだと思
います。
それを面倒がったり、いやな対応をするようなショップは、あまりお勧めできないと、言うところでしょうか…。

入手方法は、いろいろあります。
長所、短所いろいろまとめてみます。

ペットショップで購入

● 長所 ●

  • 沢山の犬の中から選ぶことができる。
  • いろんなアドバイスを受けやすい。(商売だから、愛想のよい対応)
  • トラブル、苦情を言いやすい。(購入後の対応)

● 短所 ●

  • 沢山の犬の中から選ぶことができる。
  • いろんなアドバイスを受けやすい。(商売だから、愛想のよい対応)
  • トラブル、苦情を言いやすい。(購入後の対応)

ブリーダーで購入

● 長所 ●

  • 親犬や、兄弟を見せてもらう事ができるため、どんな子になるのか想像しやすい。
  • ショップのアドバイスよりも、その子にあったアドバイスがもらえる。
  • 親犬との関係や、仔犬の成長が、しっかりできるまで、待ってもらうこともできる。
  • ショップよりも値段は安くなる。

● 短所 ●

  • きちんと話をしておかないと、書類手続きなどが遅くなったりする場合がある。
  • 必ずしも、愛想がよいブリーダーばかりではない。
  • 欲しいときに、欲しい犬が、いつもいるとは限らない。
  • ブリーダーとの人間関係は、あなた次第… 一概にそうばかりとも言えませんが…

ほかにも、いろんな方法があると思います。
オークションに行くとか(一般の人はなかなか入れませんが)、知人から譲り受ける…などなど…。
また、レスキューという手もあります(災害救助犬じゃないです)、里親になるという意味です。
この件については、別ページで、私見を交えて書いておきますのでご参考にしてください。

いずれにしても、ショップもブリーダーもその見極めが肝心!! 信頼できるところから、信頼できる犬を購入しましょう。

最近、東南アジアブリードなどの、血統種が、増えてきました。人気犬種になると必ずこういった、経路での繁殖犬が巷に出て行き
ます。 血統書の偽造など、当たり前のようにされているこの時代ですから、特に気をつけましょう。

海外ブリードの犬を購入する場合、両親にまともに予防接種がされていないなどの理由で、日本に来てすぐに命を落としてしまうこ
とになるような、かわいそうな話も沢山あるので、気をつけてください。

■クリックでサブメニュー表示■

caution

---- スポンサーサイト ----

ホームページ・Webサイト制作
製造業のソフトウェア開発
コンピュータの事なら何でも
ピンゲージ・ねじゲージ通販
ばね・スプリング通信販売
工業用部品通信販売
ばね通販なら「ばねこむ」
ばね通販なら「ばねこむ」(Text)
スプリングの通信販売(Text)
スプリング通販なら「ばねこむ」
滋賀県の職人集団
ばね通販
関連リンクサイトページ

動作検証及びW3C勧告への準基

このサイトはW3C規格に準基し以下の
承認を得ております。

このサイトは以下のブラウザで
動作検証を完了しています。

BROWSER
Internet Explorer
Mozilla Firefox
Opera
Safari
Sleipnir
Google Chrome
Lunascape
Ver. 6.0〜8.0
Ver. 3.0〜3.5.7
Ver .9.x〜10.10
Ver. 4.0.3
Ver. 2.5〜2.9.3
Ver. 3.0〜4.0
Ver. 5.1〜6.0

caution

旧サイトはこちらです

PR:無料防犯カメラ   電着工具/CBN工具