img

クレート・トレーニング

クレートって…

一般的に、バリケンなんて呼ばれるもの…これはバリケンネル社っていう会社の名前です。その商品にバリケン…まあ単刀直入で
す。あとフラーリって言う商品もあります。これもフラーリ社って言うところが出してるんだけど…。
ケージって呼ばれるもの…数知れず多くのメーカーから出ていますが…
ようは、犬のハウスですね。

犬の生態を知ってハウスを考えましょう

もともと、犬の先祖である狼は、巣穴を作ってそこで寝ていました。犬にも、その習性は残っているらしく、狭くて暗いところを好む
部分があります。
外敵から身を守るすべなんでしょうが、これほど飼いならされたいぬ達にも、こんな習性は残っているものです。

昔、庭で飼っていた犬…お父さんと犬小屋を作ったことはありますか?
私達が考えるより、とっても小さなものじゃなかったですか???。
こんな、小さな小屋に窮屈で入りたくないだろうに…と子供心に思った事ありませんか?。
でも、犬たちは、喜んで小屋に入っていましたよね。これが習性かな。

小型犬などは圧倒的に室内で飼われている場合が多いですよね。ということは、特に雨、風にさらされるでもなく…犬小屋を家の
中に作る人はまずいませんよね。でも、犬たちも落ち着ける場所が欲しいときもあるんです。

私達でも、トイレに入るとほっとするとか、そんな気持ちになることもありますよね。
犬たちにほっと一息つけて、落ち着ける場所を与えてあげる、そうしてそこを自らの居場所として確保できる…そう導いてあげるの
が、クレートトレーニングだと私は考えています。

確かに、留守番のときに、悪さをしないためとか、危ない環境から(家の中には危険な誘惑がいっぱい…)身を守ってあげるために
利用することもあります。
しかし、閉じ込めてしまうことと、クレートトレーニングは決定的に違います。それは、犬たちが喜んでクレートに入るか、入らないか
で理解できると思います。

旅行に出かけたり、入院したり…どうしてもクレートに入らなければならない場面も多々出てくることかと思います。そんなときにも、
普段のクレート・トレーニングが役に立ちます。

“ハウス”でも“クレート”でも、コマンドは何でも良いです。恐怖心が強くてなかなか入ってくれない子なんかは、自分がまず入っ
て見せるのも良いでしょう…これは大型犬の場合だからできますが(笑)。
自分から、入ったら誉めてあげる。おやつをあげてもよいでしょう。そうして、夜になったら、そこで寝るように…。はじめは、扉を閉め
ずに自分から進んで入るように仕向けて見ましょう。その後、徐々にコマンドで入るようにして行けばOKです。
恐怖心を感じないように、そうっとドアを閉めてみたりしてください。ここまでできれば、後は簡単です。

これも、トイレトレーニングと同じです。根気との勝負ですが、きっとこちらは、早く覚えてくれると思います。犬達だって、自分の安ら
げる場所は欲しいですからね。

■クリックでサブメニュー表示■

caution

---- スポンサーサイト ----

ホームページ・Webサイト制作
製造業のソフトウェア開発
コンピュータの事なら何でも
ピンゲージ・ねじゲージ通販
ばね・スプリング通信販売
工業用部品通信販売
ばね通販なら「ばねこむ」
ばね通販なら「ばねこむ」(Text)
スプリングの通信販売(Text)
スプリング通販なら「ばねこむ」
滋賀県の職人集団
ばね通販
関連リンクサイトページ

動作検証及びW3C勧告への準基

このサイトはW3C規格に準基し以下の
承認を得ております。

このサイトは以下のブラウザで
動作検証を完了しています。

BROWSER
Internet Explorer
Mozilla Firefox
Opera
Safari
Sleipnir
Google Chrome
Lunascape
Ver. 6.0〜8.0
Ver. 3.0〜3.5.7
Ver .9.x〜10.10
Ver. 4.0.3
Ver. 2.5〜2.9.3
Ver. 3.0〜4.0
Ver. 5.1〜6.0

caution

旧サイトはこちらです

PR:無料防犯カメラ   電着工具/CBN工具