img

--Quick Jump--

■ 食物アレルギー  ■ ノミアレルギー   ■ 脂漏症  ■ 膿皮症  

皮膚病について

食物アレルギー

アレルゲンに出会った抗体が反応を起こして有害な状態を体内に引き起こすというメカニズムは人間のそれと全く変わりはありま
せん。

● 原因・傾向 ●

食物アレルギーは食物を接種することにより、その組成物質のどれかがアレルゲンとなり皮膚に痒みを伴った湿疹を起こしたりし
ます。市販のドライフードなどでも多く発生しています。
合成保存料、着色料など様々な物質をアレルゲンとしてしまう可能性があるため、アレルゲンの特定には、大変時間と手間がかか
ります。

● 症状 ●

痒みを伴った湿疹が皮膚に発生したり、下痢を起こしたりする事が主な症状ではありますが、ひどくなると、呼吸器系の障害を起
こす場合(アナフィラキシーショック)もあります。
痒みが最も出やすいのは耳で、その後全身に痒みが広がる場合もあります。

● 治療 ●

まずは、何がアレルゲンになっているのかの特定を行う事が重要です。
本当に食物アレルギーなのか、他の要因で引き起こされている症状なのかの見極めをするためにも、食事療法を行う必要があ
ります。

制限食を与える事によって、食物アレルギーであるのかどうかを特定します。制限食を与える事により症状が完全されて行くよう
であれば、食物アレルギーと判断し、その後問題のあると考えられる食品を、徐々に与える事によりアレルゲンを特定します。
アレルゲンの特定ができたら、アレルゲンであるとされる成分を含まない食事メニューやフードが決定されるわけです。

最近では、人間でも行われているような皮内反応試験(パッチテスト)も行われるようになり、アレルゲンの特定が少しずつ容易に
なってきています。

治療に際しては減感作療法を用いますが、抗原液の入手が困難なため食餌療法を用いることが多いようです。

● 予防法 ●

一部では環境ホルモンとの相互関係や、ストレスなども原因ではないかと言われていますが、現在では、どうやって予防してよい
のか不明な状態です。できる限り自然なフードを与え、必須脂肪酸などの投与により体調を整える事も予防につながると考えられ
ています。

ノミアレルギー

アレルゲンが、ノミの唾液成分の場合のアレルギーです。

● 原因・傾向 ●

ノミの唾液成分に対する抗体を持っている犬が、ノミに吸血される事によって、発生するアレルギー反応です。
この体質を持っている犬では、たとえ一匹のノミに吸血されただけでも、激しい皮膚炎を起こすことがあります。

● 症状 ●

激しい痒みを伴った湿疹状の皮膚炎が広がり、痒さのために掻き毟ったり舐めたりする事で更に広がって行きます。
あまりの痒さに情緒に障害をきたす場合もあり、一時的にでも痒みを押えなければ症状がひどくなるばかりの時もあります。

● 治療 ●

一時的に症状を和らげるために、ステロイドを投与することがあります。しかしながら、一時的に症状を押さえるだけですし、連続
投与はできません。
ノミを駆除して行く事が何より重要になって来ます。一旦発症すると、たとえ一匹のノミに吸血されただけでも、このようなアレルギ
ーを起こしてしまいますので、環境内でいかにノミをコントロールできるかがすべてです。
ピレスリンを含有した持続性のあるノミ取りスプレーや粉などを使用したり、根気よくノミを廃絶して行くしかありません。

内服するノミの予防薬や、スポットオンのものなどは、ノミに刺されてからそのノミを駆除すると言う方法のため、ノミアレルギーには
効果がありません。

● 予防法 ●

ノミのいない環境での飼育、もしくは徹底した管理を行うより予防方法はありません。清潔な環境で規則正しい生活をさせてください。

脂漏症

遺伝的要因が多いとされている皮膚疾患です。

● 原因・傾向 ●

皮脂の多分泌が原因とされるこの疾患には、その状態により乾性脂漏症と湿性脂漏症に分けられます。
前者はフケの多い乾燥した皮膚になり、後者は油っぽくべたついた皮膚になります。
遺伝的要因が多いとされていますが、感染症や栄養障害、内分泌系の疾患の後に起こる2次脂漏症と言う物もあります。

● 症状 ●

油性の場合は痒みのほかに、徐々に体臭がきつくなってきます。外耳炎を必ず持っているようです。
細菌やカビなどの感染を伴って、皮膚がただれたりする事もあります。乾性の場合は、フケが多く出て痒みを伴います。

● 治療 ●

2次脂漏症の場合、原因になる病気の治療をする事で症状が改善される事が多いようです。
遺伝的な脂漏症の場合、シャンプーによる対処と必須脂肪酸、ビタミンの投与などをします。
症状がひどい場合は、やはりステロイドを使用することもあります。

● 予防法 ●

遺伝的な要因が多いとされていますから、犬を購入する時から注意する必要はあります。さらに、肥満犬に多いとされています
から、肥満にならないように管理する事が大切だと思われます。

膿皮症

細菌感染による皮膚病です。

● 原因・傾向 ●

ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染し起こる皮膚病です。
発生する部位により、表在性膿皮症と深在性膿皮症の2つに大分されています。
甲状腺機能低下などによる免疫力の低下や他の皮膚炎などに引き続き起こる場合や、皮膚の寄生虫(ニキビダニ等)による疾患
が引き金になって起こる場合もあります。

● 症状 ●

軽い場合は、皮膚の丘疹や膿疱といった病変ができますが、深い部分にできた重い場合は、皮下に広がり瘻管と呼ばれる穴が
無数にあいて膿が分泌され、悪臭を放つ場合もあります。痒みの程度はさまざまなようです。

● 治療 ●

的確な抗生物質の投与を行い、薬用シャンプーなどで全身を清潔に保つようにします。状況によっては、毛を刈ってしまう事もあり
ます。
他の病気がトリガーになっている場合は、そちらの治療を優先する事で免疫力により治癒する事もあります。
抗生物質の投与に付いては、かなりの量を投与する事になりますし、時として細菌が抵抗性を示してしまう場合もありますので、
完治には時間がかかります。

● 予防法 ●

日頃の清潔を保つ事が、何よりの予防といえるでしょう。

--Quick Jump--

■ 食物アレルギー  ■ ノミアレルギー   ■ 脂漏症  ■ 膿皮症  

■クリックでサブメニュー表示■

caution

---- スポンサーサイト ----

ホームページ・Webサイト制作
製造業のソフトウェア開発
コンピュータの事なら何でも
ピンゲージ・ねじゲージ通販
ばね・スプリング通信販売
工業用部品通信販売
ばね通販なら「ばねこむ」
ばね通販なら「ばねこむ」(Text)
スプリングの通信販売(Text)
スプリング通販なら「ばねこむ」
滋賀県の職人集団
ばね通販
関連リンクサイトページ

動作検証及びW3C勧告への準基

このサイトはW3C規格に準基し以下の
承認を得ております。

このサイトは以下のブラウザで
動作検証を完了しています。

BROWSER
Internet Explorer
Mozilla Firefox
Opera
Safari
Sleipnir
Google Chrome
Lunascape
Ver. 6.0〜8.0
Ver. 3.0〜3.5.7
Ver .9.x〜10.10
Ver. 4.0.3
Ver. 2.5〜2.9.3
Ver. 3.0〜4.0
Ver. 5.1〜6.0

caution

旧サイトはこちらです

PR:無料防犯カメラ   電着工具/CBN工具