img

--Quick Jump--

■ 白内障  ■ 緑内障   ■ 角膜炎  ■ 外・中・内耳炎   ■ 鼻炎  

目・耳・呼吸器の病気について

犬の視力は、人間とは違います。生活の上では、視力に頼るよりもむしろ嗅覚に頼っている部分が多いです。失明しても結構平気
で生活している犬もおります。最悪の状況になったとしても、あまり悲観しないでやってください。
犬の場合、むしろ嗅覚や聴力を失う事の方が深刻です。

白内障

犬には比較的多い、眼の病気です。

● 原因・傾向 ●

老犬に多く見られますが、糖尿病や遺伝的な物もあり若年で起こる可能性もあります。
白内障とは眼の水晶体(レンズの役割をする部分)が白くにごり視力が低下して行く病気です。

● 症状 ●

水晶体が徐々に白濁してきますので、比較的容易に確認できますが角膜炎との見分けをつけるのは素人判断では多少難しいか
も知れません。水晶体が完全に白濁してしまうと、視力を失ってしまいます。

徐々に進行して行き視力が低下する病気ですから、犬も適応してきます。細かい観察が必要になるかと思われます。
歩行障害や物にぶつかるなどと言った症状が出る頃には、かなり視力が低下しています。

● 治療 ●

ある程度の判断は視診で十分できますが、詳しい検査を必要とする場合は、検眼鏡を用いたりします。
殆どの場合が内科的療法です。これは薬物により白内障の進行を遅らせるためのもので、治す事はできません。

糖尿病性の白内障では、原因要素(糖尿病)が除去されれば、回復する可能性もあります。

犬たちは自分の視力が落ちてきている事にはなかなか気づかない物ですから、視力が落ちてきている犬の近くで驚かせるような
行為はしないように心がけてください。驚きで攻撃的になったりする危険性もあります。

● 予防法 ●

特に予防法はありません。遺伝性が示唆されていたりしますから、そのラインの犬を購入しないようにする事が予防といえるのか
も知れません。きちんとした日常の観察を行い、早期発見に心がけてください。

緑内障

気づいたら少しでも早く治療をする必要があります。

● 原因・傾向 ●

眼に中には眼房水というものが常に流れています。この出口が何らかの原因で目詰まりを起こしてしまう事により、眼圧が上昇し
て視野を狭くして行き、最終的には失明に至る病気です。
房水の出口が詰まって行く要因にはいろいろありますが、犬の場合原因が良くつかめない原発性のものが多いようです。

● 症状 ●

一般的な場合は自覚症状のある物は少なく、知らないうちに視野が狭くなって行くと言う状態で、大変見つけにくくなります。
症状が進むと水晶体の白濁がおこり、白内障の症状も見られるようになります。
急性の場合は急激な眼圧の上昇がみられるため、眼に激しい痛みを感じる事が多いのでしきりに眼を気にしたり、涙が出たりしま
す。また、角膜の浮腫も確認できます。

● 治療 ●

緑内障であるかどうかは、視診である程度確認はできますが、検眼鏡を使用したり、眼圧検査を行う事が必要となります。
急性の場合は眼圧を下げる薬剤の投与により、内科的治療を施します。その後は徐々に進行しているものと同じように、房水の出
口を作るような外科手術が必要になります。
犬の場合この手術を行える病院は限られていますので、獣医師さんと良く相談されて治療に臨んでください。

● 予防法 ●

特に予防法はありませんが、他の眼性疾患が引き金になって起こる場合もありますから、眼に異常を感じたら早めに診察を受け
る事が大切です。

角膜炎

角膜は眼が外界と接する部分です。十分に注意が必要です。

● 原因・傾向 ●

角膜は眼の一番外側にある組織のため、外部からの影響を極めて受けやすい部分です。
その為、外傷が原因となる角膜炎の確率は、最も高くなっています。外傷以外にも細菌の感染による炎症などもあります。
この炎症が角膜の曇りや色素沈着、血管の新生や潰瘍を引き起こします。

● 症状 ●

涙が多くなり眩しがったりします。更には眼瞼の痙攣を起こす事などがあります。
結膜炎の併発をする事もありますので、早期に炎症を押さえてあげないといけません。

● 治療 ●

通常の眼の検査と合わせて、炎症の原因を調べるための血液検査等を実施して確認をします。
角膜には血管がないために内服の薬剤は、あまり効果がなく点眼剤(目薬)を使った治療が一般的です。
症状により外科手術が行われる事もあります。

瘢痕は消失するまでにかなりの時間を要するようですが、視力の低下は比較的起こらない事が多いようです。

● 予防法 ●

とにかく、剥き出しの角膜です。あらゆる刺激から守ってあげてください。
犬の眼は、人間の目より地面に近い位置にありますので、どうしても汚染されやすくなります。風の強い日の散歩などは、あまり、
砂埃やごみ等の舞いあがらないような所に行く等の多少の配慮は必要かと思われます。

外・中・内耳炎

最も多いのは外耳炎です。外耳炎をきっかけに中耳炎・内耳炎と症状が進むこともあります。根気よく治療することが必要です。

● 原因・傾向 ●

炎症を起こす部分により、名称が変わります。
耳の外側から、外耳道・中耳・内耳の3つに分けられます。

外耳道は鼓膜の外側に当たる部分で一番炎症がおきやすい部分です。垂れ耳の犬はその風通しの悪さから、外耳炎にかかりや
すくなります。原因としては、細菌やカビ、耳ダニなどです。

中耳は鼓膜がある鼓室、その内部構造及び耳道からなる部分を言います。外耳炎を起こしている場合、かなりの確率で中耳炎を
併発しています。この事から、中耳炎の原因のほとんどは外耳炎であるといえます。

内耳とはそのさらに奥の部分を指します。中耳炎から波及して、最悪の場合、脳幹部や神経に障害を来す事もあるので、注意が
必要です。

● 症状 ●

外耳炎〜内耳炎まで、症状は似ています。しきりに耳をかゆがったり、耳を触ろうとするといやがったり、耳から膿みのようなものが
出て臭い、などの症状があります。
耳の詳しい検査を行って、どの部分が悪いのか原因は何であるのかを調べてゆく必要があります。

● 治療 ●

レントゲンや細菌培養などを行って耳の状態を確認し、それぞれに合った治療法を施してゆきます。
一般的に治療は耳の洗浄を中心として細菌性のものなどでは、抗生物質の投与も行います。
外耳炎の治療を行っても症状が改善されない場合は、中耳炎の可能性も出てきます。この場合は鼓膜の検査などが必要になっ
てくる事があります。
内耳炎の治療も同様に内科的な療法が主体になりますが、内耳炎の場合、さらに脳・神経系の検査をしなければいけないことに
なります。

外耳炎をきちんと治さずに放置しておくと最悪、内耳炎までおこしてしまい神経や脳に障害をきたすような結果になることもあります。
これらの症状がみられた場合速やかに治療することが、症状をひどくしないために最も重要な事です。

● 予防法 ●

普段から耳の掃除をこまめに行い、清潔に心がけることが一番です。アレルギーなどを持つ犬は、食生活にも十分注意する事が
大切です。

鼻炎

鼻炎には細菌性のものや、異物侵入などによる物があります。最近では犬の花粉症なども結構見られるようです。

● 原因・傾向 ●

細菌性の鼻炎では真菌性のものが考えられます。アスペルギルスやペニシリウムと言ったカビの一種が原因になっています。
異物性の鼻炎では、植物の種子やその他さまざまな異物が侵入しておこると考えられます。
また歯根膿症などといって、上顎の歯の根元が化膿して鼻に広がっている場合もあります。

● 症状 ●

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻出血と言った症状が主で、二次感染が起こると発熱や膿もみられます。

● 治療 ●

細菌性のものであれば細菌培養などで細菌の種類を特定して、的確な抗生物質を投与します。
異物性の場合は、レントゲンなどで異物を確認して除去を行います。小さな異物であれば洗浄で洗い流す事ができますが、大きな
物であると鼻の切開手術などを行わなくてはいけない場合もあります。
歯根膿症の場合はそちらの治療を行う事で、鼻炎の症状は改善されます。

● 予防法 ●

異物性のものは、気をつけるしか方法はないとして、細菌性のものは飼育環境の空気の清浄化に努めることで予防する事も可能
です。
一時期、犬にも花粉症があるのではという事が言われていましたが、アレルギーという意味では、まったく可能性がなわけでもなく
むしろ、人間のそれよりも重篤な症状に陥る可能性も否定できません。

--Quick Jump--

■ 白内障  ■ 緑内障   ■ 角膜炎  ■ 外・中・内耳炎   ■ 鼻炎  

■クリックでサブメニュー表示■

caution

---- スポンサーサイト ----

ホームページ・Webサイト制作
製造業のソフトウェア開発
コンピュータの事なら何でも
ピンゲージ・ねじゲージ通販
ばね・スプリング通信販売
工業用部品通信販売
ばね通販なら「ばねこむ」
ばね通販なら「ばねこむ」(Text)
スプリングの通信販売(Text)
スプリング通販なら「ばねこむ」
滋賀県の職人集団
ばね通販
関連リンクサイトページ

動作検証及びW3C勧告への準基

このサイトはW3C規格に準基し以下の
承認を得ております。

このサイトは以下のブラウザで
動作検証を完了しています。

BROWSER
Internet Explorer
Mozilla Firefox
Opera
Safari
Sleipnir
Google Chrome
Lunascape
Ver. 6.0〜8.0
Ver. 3.0〜3.5.7
Ver .9.x〜10.10
Ver. 4.0.3
Ver. 2.5〜2.9.3
Ver. 3.0〜4.0
Ver. 5.1〜6.0

caution

旧サイトはこちらです

PR:無料防犯カメラ   電着工具/CBN工具