img

Retriever種に多い病気2

進行性網膜萎縮症

進行性網膜萎縮症とは、桿体または錐体が変形や異形成を起こす事によって網膜が変性する病気です。遺伝性の疾患とされて
います。
実際に網膜は、萎縮をして行くわけではなく、変性を起こして行くもので、最近ではGPRAと呼ばれています。
網膜の変性が続き最終的には失明をしてしまいます。現在、治療方法はないために、発症→失明の経過をたどる事は必至とされ
ています。

● 発生のパターン ●

  1. 早期に発現し、急速に進行の見られるもの
  2. 早期に発現するが、ゆっくり進行するもの
  3. 遅くに発現し、ゆっくり進行するもの

上記の3つの進行パターンがあるといわれています。

Retriever種は比較的遅く発現し、ゆっくりと進行する、3)のパターンが多く見られます。(2歳以上に発現、4歳以上で失明)。
逆にそれが災いとなり、発見が遅れたためにキャリアを交配に使ってしまう、ケースが多くみられ、最近問題になっています。

● 症状 ●

夜盲によって、暗いところで物にぶつかったり、夜の散歩をいやがったりするようになります。
タペタムの反射亢進・網膜血管の狭細化などに伴い、眼の反射が強くなります。暗いところでは、緑がかった反射が見られたりしま
す。

● 診断 ●

暗いところでの運動状態のチェックや、タペタムの反射亢進などを確認します。さらに、網膜血管の狭細化などを確認して網膜の
状態を確認して行きます。最終的には、ERG(網膜電位図)による検査で確定的な診断を下します。

● 遺伝について ●

最近では、DNA鑑定でキャリアであるか否かは解かるようになりました。これが普及してくれば、進行性網膜萎縮症はRetriever種
にはない病気になることと、信じます。

進行性網膜萎縮症発症の確率表

両親の組み合わせ

  発症 キャリア クリア
発症 A B C
キャリア B D E
クリア C E F
 
発症
→ 発病した犬
キャリア
→ 因子は持っているが発症しない犬
クリア
→ 因子を持っていない犬

子の出現確率(%)

  発症 キャリア クリア
A 100    
B 50 50  
C   100  
D 25 50 25
E   50 50
F     100
(資料提供 LRCJ)

● タペタムについて ●

犬の目には、タペタム領域(ネコにもあります)というものがあります。これは、網膜の外側にある反射版と考えてください。犬や、
ネコが暗いところでも良く物が見えるのは、このタペタム領域のおかげなんです。
目から入った光は一度網膜を通過したのち、このタペタムで反射されてもう一度網膜に戻ると言う事をしてより詳しい物体の判断を
行います。

● 写真を撮ると眼が反射しますが… ●

ストロボ撮影をした時に、人の眼の部分が赤く光ることがあります。これを赤目現象と言います。
これは、突然強力な光を目が受けたために、瞳孔の反応が遅れ小さくなれなかった為に、網膜部分に大量の光が入り、網膜の色
(赤)を写しこむ現象です。

夜行性である動物は、比較的色を感じる網膜の細胞は少なく、むしろ白黒を判断する細胞が多く、よりコントラストをはっきりさせる
ようにできています。フルカラーの人間よりも網膜の血管量は少ないですからストロボによる写真撮影で、人間の赤目現象のように
写る事は少なくむしろ、このタペタムの影響で乱反射を起こしていろんな色に写る事になります。
したがってストロボ撮影でいろいろな色の眼に写ったからと言って、一概にPRAであるとは言えません。

● 網膜が萎縮すると?? ●

網膜は、タペタムの内側にありますから網膜が萎縮してくると、自ずとタペタムが全面に出やすくなります。
これを、タペタムの反射亢進と言います。
タペタムという鏡をさえぎるようにしてあった、網膜のカーテンを開けたような感じでしょうか…。したがって、反射が今までより多くな
ると言う事です。
妙に暗いところでも、眼が良く光るなと思うようになってきたら要注意です。

てんかん

てんかんとは、原因不明の痙攣の発作を繰り返す病気です。
痙攣発作の要因は様々なため、てんかんであるかどうかの、判断には多少の時間がかかるようです。
最近では、癲癇(こんな難しい字です)を起こすRetriever種の話しを良く耳にするようになりました。癲癇、自体がまだ解明されてい
ない部分が多く、かなりなぞの多い病気ではあります。

シェパードなどでは、以前から遺伝的要因が高いと言われて来ましたが、最近ではRetriever種のそれも、遺伝的要因があるので
はないかと示唆され始めています。
発作の前兆は、なかなか解かりにくいのですが、徐々に解かるようになってくるといいます。暗いところに入りたがったりなどの前
兆が感じられるそうです。

発作の時は、静かに見守ってやる事が一番だといわれます。更には、倒れたりしたときに起こる二次的な怪我などにも十分気を
使ってやる必要があります。

とにかく、まだまだ未知の部分が多く、今後の解明に期待が持たれる病気です。

癲癇と診断された犬は、繁殖には使用するべきではないでしょう。

大動脈狭窄症

大動脈狭窄症は、左室の流出路の狭窄によっておこる疾患です。
最も多いのは、弁下性大動脈狭窄でこれは、大動脈の弁の直下に繊維組織が形成されて狭窄をおこすものです。

狭窄がおこる事によって、左心室に一定以上の負荷がかかるようになりそのため、心肥大をひきおこします。心肥大に伴う拡張不
全が原因となり、血流低下や、不整脈をおこしやすくなります。血流低下や、心肥大がひどくなると、突然死する危険性も十分に
あります。日頃からの健康診断を十分に行ってください。

診断は、聴診や、心電図、X線写真などで行います。

内科的な治療方法はあまり効果をあげていない事もあり、外科的手術が必要となりますが、手術自体が大変困難なため、専門の
獣医師に相談する事が必要だと思われます。

ジャーマン・シェパード、ボクサー、ニューファンドランドなどの大型犬に多い遺伝疾患とされていますが、最近では、ゴールデン・
レトリーバーでの発症もかなり多くなってきています。

この病気を持つ犬は繁殖に使用してはいけません。

■クリックでサブメニュー表示■

caution

---- スポンサーサイト ----

ホームページ・Webサイト制作
製造業のソフトウェア開発
コンピュータの事なら何でも
ピンゲージ・ねじゲージ通販
ばね・スプリング通信販売
工業用部品通信販売
ばね通販なら「ばねこむ」
ばね通販なら「ばねこむ」(Text)
スプリングの通信販売(Text)
スプリング通販なら「ばねこむ」
滋賀県の職人集団
ばね通販
関連リンクサイトページ

動作検証及びW3C勧告への準基

このサイトはW3C規格に準基し以下の
承認を得ております。

このサイトは以下のブラウザで
動作検証を完了しています。

BROWSER
Internet Explorer
Mozilla Firefox
Opera
Safari
Sleipnir
Google Chrome
Lunascape
Ver. 6.0〜8.0
Ver. 3.0〜3.5.7
Ver .9.x〜10.10
Ver. 4.0.3
Ver. 2.5〜2.9.3
Ver. 3.0〜4.0
Ver. 5.1〜6.0

caution

旧サイトはこちらです

PR:無料防犯カメラ   電着工具/CBN工具